鳥見んぐ フォトエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS Guilin dream 3

<<   作成日時 : 2015/03/18 22:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像



漓江下り
の終点、 陽朔 に到着。



下船後は、 徒歩で バスターミナルに向かい、 陽朔近隣を観光してから バスで 桂林 に戻るというスケジュールなのですが、 その バスターミナルまでが結構遠い (苦笑)。

まだかいな〜 と トボトボ歩いてると、 やおら 未来 が、 「 コレで行こう。」

と 道端で客を待って並んでる バイクの運ちゃんと果敢に交渉。
しかし、 ごく普通の二輪バイクで これに二人乗るのは無理なんじゃ? と 訝る間もなく 「 さ、早く乗って!」
「 でも、 未来 はどうすんのさ?(まさか年長者の俺を思い遣って自分は走ってついて来る気か?)」
運ちゃん、 やおら シート前部のタンク部分に跨り、 やっぱ三人乗りの構え。 しかし、 空きスペース的に やはり無理があるんじゃ? と なお訝っていると 運ちゃんから 「 いいから さっさと乗れ(← たぶん)」 と 煽られてしまいました。
いや、 乗れるもんですね、 何事もやる前から決めつけてはいけません(笑)。
でも 走行中、 私は 最後席の 未来 が振り落とされやしないか それだけが心配でした。
意外と 前後Gは掛からんな、 と 思い始め 余裕が出て来ると、 背中に 未来 の温もりを感じて “いい気分” に浸ると同時に、 目の前のオッサンに密着せざる得ない状況への “嫌悪感” にも苛まれました (何事にも裏表があるということでしょう。/苦笑)

画像画像
画像
                ↑ 見る角度によって 洞穴が月の満ち欠けに見える 月亮山。


陽朔をひとしきり観光した後、 桂林 に戻って 目に付いた 澳門料理店で夕食。

食後、 歩行街を散策中、 未来 が次々と屋台のジャンク・フードを仕入れては 「食べて、食べて。」

  … って、 お前が食いたいんだろが(苦笑)。

( TOP の写真は、 入ったお店の天井です。 これも 鳥 だと言い張ります。/苦笑)

                                                −  つ づ く  −

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Guilin dream 3 鳥見んぐ フォトエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる