鳥見んぐ Photo エッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS これはこれで dream?(笑)

<<   作成日時 : 2015/08/30 19:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

期せずして会社から長い夏休みを頂き (ちゃんと休め、と。 いい会社だ。)、 取り合えず クソ暑い東京に帰省(笑)。
滅多にない長期休暇なので、 家族に声を掛け、 どこか遠出しようと画策したものの、 皆のスケジュールが合わず バラバラ (ま、いつもこんなもん)。

んじゃ また一人で中国でも行って来るかなぁ、 などと考えつつ、 たまには本気で休むってのもいいか、 と実家でゴロゴロして一週間ほど過ごしました (本来これが正しい休息の仕方?)。

残り3日になって、 流石にこのまま無為に終わってしまっては会社にも申し訳ない(?)と思い立ち、 突発的に シンガポール弾丸トラベル (0泊3日!) を発案。

『 お〜い 誰か明日シンガポール行かねえか? 明日の夜出発して、 明々後日の朝には帰国すんだけど(笑)。』

そんな唐突過ぎる計画に、 唯一 娘が 「 行ってみようかな。」

幼少期を除けば、 娘との二人旅なんて初めて & 娘にとっても初海外。 これも 行き当たりバッタリの副産物か (笑)。

翌晩、 2人共 小さいショルダーバッグのみ(笑)で 羽田空港へ (海外旅行をナメてんのか/苦笑)。

往復共に機内泊なので宿泊費はタダ、 片道約6時間、 現地滞在約16時間、 ドア トゥ ドア計算で所要約30時間という、 ある意味 全く無駄の無い旅を敢行しました (夜行バスでの国内旅行の感覚?)。
しかも、 当日飛び込みで残り4席! (海外旅行をナメてんのか/苦笑)。

そそくさと乗り込み、 機中ウトウトしてたら、 翌朝5時半に シンガ到着。

入国審査では、 2人共 「宿泊先を言え。」 と 攻められました (苦笑)。
『 いや だから日帰りだって。』 と 何度も繰り返すハメに。
まぁ、向こうの不審感も十分理解出来ます (笑)。

画像




まずは、 定番 マーライオン公園に。 早朝なので まだ客足もまばら。 これも弾丸トラベルならではの恩恵か(笑)。


画像







お次は 三連ホテル: マリーナ・ベイ・サンズ上に鎮座する 船型展望台: スカイパーク へ。






そして、一番見たかった 新設の ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ (写真はスカイパークから見下ろしたガーデンの全景)。 ここは 私も初訪問。 超巨大な植物園に、 娘も大興奮。
画像

画像画像画像画像
































広大な敷地に加え、 二連の貝殻を模した巨大ド−ム内も 縦横に 見所十分です (ジェット・コースターのレールの様に見えるのは空中遊歩道 )。 久々に 歩き疲れてヘトヘトになりました (笑)。
画像

ここを見れただけでも、 弾丸を敢行した価値アリです。


画像




日帰りの割に 時間が余ったので、 予定外ながら セント・アンドリュース教会を見学。







締めくくりは 世界最大の観覧車 シンガポール・フライヤー に乗り、 今日 廻ったエリアを 空から一望 ( いや やはり ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ はデカい)。
画像

そして 夜の10時過ぎには機上の人となり、 翌朝6時には 羽田に降り立ってました。


画像


コスト・パフォーマンスの意味でも、 想い出という意味でも、 まさに プライス・レス!

お手本の様な、 思い立ったが 吉日! でした (喜)。




* ドーム内にいた木彫りのヤマセミ君(笑) ⇒



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これはこれで dream?(笑) 鳥見んぐ Photo エッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる